Study Hard

英語を攻略

英語の配点はどの学校も高めです

大学受験において、英語は避けることができない科目です。文系であろうが理系であろうが、英語は課されますし、センター試験でも、他の外国語を選択しない限り、受験しなければいけません。これは理系であろうと文系であろうと関係なく当てはまることです。しかも、英語の配点は、おおよそどの学校でも高めに設定されているケースが多く、この科目を得意とするか不得意とするかで合格の可能性に大きな影響が出ます。大学受験を突破するための重要項目であることから、早い段階からしかるべき時間をかけて継続的に学習する習慣を身につけることが有効で、つまづきそうなポイントは、学校や塾などを活用して早めにクリアしておくということが大切です。

受験に向けての学習の進め方

大学受験の英語は、基本的には英単語と文法をどれだけ記憶しているかが得点に大きく影響を及ぼしますので、まずは大学受験用の単語集と文法問題集などを使って、基礎的な知識を確実に覚えてしまう必要があります。そうして基礎が固まってきたら、今度は上級の英単語を暗記することと並行して、読解問題や英作文の課題に取り組むようにしたいところです。なお、英作文については、自分で勉強するのが難しい面もありますので、学校や塾を積極的に活用すると効率的にポイントが理解できます。英語は言葉であるということで、勉強もコツコツとした作業の繰り返しになりますが、毎日少しずつでも取り組むことによって、得点源とすることができる科目でもあります。