Study Hard

検定も視野に入れる

将来的な方向性を読み解く

大学への進学率は、年々伸びを示していますが、受験生にとっては、勉強あるのみで試験に臨む事になります。大学受験の科目については、ほぼ大学や学部に関係なく、英語をはずす事ができない状態でもあります。それだけ重要なポジションにある科目ですが、グローバル化社会の波を受けては、今後も重要性が高い科目となっていく事が予想されます。 大学受験英語については、学部や大学によって英会話力が試される事もありますが、一般的には基礎的な学力を試される事になります。文法中心であった英語教育も、変化が見られつつあります。今後の大学受験英語についても、ヒアリングと会話が大きな割合を占める可能性なども見込まれます。他の科目と比較しても、これから変化が進む可能性を高くもった科目と考えられ、その都度の対応の必要性があります。

大学毎の特性を捉えた勉強方法を実施していく

大学受験英語については、ご存知の様に、ある程度の文法の基本ができている事が求められます。大学受験で使用される英単語については、参考書などを利用すると便利です。しかし、大学受験の場合、志望校が必ず各人にあるはずですので、大学毎の特性を捉えた学習を進めていくべきでもあります。学校を絞った大学受験英語の学習を進めた方が、効果的な結果を得られ易くなるともいえます。特定大学の過去問などを参照しながら、特性を掴んだ学習を行っていく事が望まれます。 また、大学受験をする際に、英語に関連する学部によっては、検定試験であったり、その他の試験の級などが重要視される事が多くあります。受験勉強の一環として、同時に取得しておく事などにも留意しておいてください。